高血圧と家族

高血圧の人は暑さNG!熱中症のリスクとは

夏になると熱中症になる人が増えてきます。熱中症になるのを避けるために塩分の入った飲み物や飴を食べることが推奨されていますが、減塩生活を送るようにしている高血圧の人は塩分摂取が気になってしまいます。やはり、熱中症予防のためでも、高血圧の人が塩分を摂取しすぎるのはNGです。
夏になると人間の身体は汗をかき、その汗が蒸発していく気化熱によって身体を冷やします。汗には水分と同時に塩分も含まれているため身体は不足してしまった塩分を欲しがります。しかしその欲求に従って塩分を摂取してしまうと、血液中の塩分濃度が高くなり高血圧に悪影響を及ぼしてしまいます。だからと言って何も飲まないというのもNGです。汗には水分も含まれているため、脱水症状を起こして熱中症になることもあります。また、血液中からも水分が減ってしまいますので血液がドロドロになってしまい、脳梗塞や心筋梗塞などの高血圧の合併症になってしまう危険性が増してしまいます。
高血圧の人が熱中症にならないようにするためには、まず涼しいところにいることです。電気代の節約に夏の暑い時期でもクーラーをつけずに蒸し暑い部屋の中にいたり、日中の暑い時期に出歩くことは避けるようにしましょう。また、スポーツドリンク程度ならば高血圧の悪化にはつながらないと言われています。真夏の暑い時期に喉の渇きや暑さを我慢しすぎる方がNGです。また、降圧剤を服用している人は、忘れずに服用するようにしましょう。血管を拡張して身体の熱を下げる作用が働くため、多少血圧は下がってしまう可能性はありますが、熱中症へのリスクはないと言われています。利尿剤を服用している人は脱水状態になりやすくなりますので、しっかりと水分補給を行うようにしましょう。