高血圧と家族

のぼせも高血圧の延長の可能性があります

中年になったら、高血圧を気にする方も多いようです。この高血圧とは、安静状態での血圧が平常値よりも高い状態のことで、このため血管に負担がかかりやすくなります。特に血管が硬くなり、動脈硬化を起こしやすくなりますので、脳疾患や循環器系の疾患など、様々な病気のリスクが高まって来ます。
これらの高血圧の延長線上にある病気とは、具体的にどのようなものでしょうか。まず脳疾患の場合は脳梗塞、脳出血やくも膜下出血などです。特に脳疾患の場合は、最高血圧が10ミリグラム高くなると発症する確率が高くなり、男性で20パーセント、女性で15パーセント高くなるといわれています。また、動脈硬化が原因となる心筋梗塞や狭心症に罹る確率も高くなりますし、更に、腎臓疾患のリスクもまた高くなります。これは高血圧によって、血液中のナトリウムの排泄がうまく行かなくなるためです。
これら高血圧の延長線上にある病気を防ぐには、如何に血圧をコントロールするかが大事になって来ます。それにはまず食生活の改善が挙げられます。塩分の多い食事や過度の飲酒は控えるようにしましょう。また、気温差に気を付けるようにしてください。特に冬の気温が低い時期は注意が必要です。それから、自分の血圧を測定して記録しておくと、自己管理に役立ちます。こういった点に注意するだけで、延長線上にあるかなりの病気を未然に予防することができます。
また、のぼせも高血圧の延長線上であることが考えられます。特に暑い季節であるとか、熱いお風呂に長くつかったとか、あるいはスポーツをしたというわけでもないのに、のぼせを感じるような場合は、高血圧が関係していることが多いものです。心当たりがないのにのぼせ、またはほてりの状態が続く場合は、すぐに病院に行くようにしましょう。